生活保護申請とは?具体的な申請条件や手順についてご紹介

生活保護申請とは?具体的な申請条件や手順についてご紹介

兄弟の生活保護申請

書類に記入する

親が高齢となった場合、自分の兄弟の生活保護申請が必要となる場合があります。
親が今までのような援助が難しくなるためです。やはり、必要な場合には躊躇わず、生活保護申請をするべきでしょう。安易に親や兄弟が援助をすると、自立できないばかりか、共倒れとなる可能性もあります。今は、感染症の影響もあり、一時的に生活が困難になっている人も少なくありません。生活保護申請をするということは、かなりの決断が必要になるかもしれません。特に、自分の兄弟が生活保護を決断することは、なかなか決断できないかもしれません。しかし、行政のサポートもあり、今後、住むアパートなどの検討や支援もしていただける場合もあるので、迷わずに決断することをお勧めします。また、兄弟が入院となった場合も、規則正しい生活を送り、行政の方とも時々、面談し、今後の社会復帰にむけて話し合いを続けて行くことができます。本人のためにも、家族のためにも良い決断だと思います。どのくらいで復帰できるのか、容易には分かりません。ひょっとすると残り一生、保護下に入るのではないかと思うこともあるでしょう。不安は完全にはなくなりませんが、兄弟の社会復帰を願い、今後も行政と必要に応じて相談していくことが大事だといえます。

最新記事

このページのトップへ