生活保護申請とは?具体的な申請条件や手順についてご紹介

生活保護申請とは?具体的な申請条件や手順についてご紹介

生活保護申請の目的と今後の生活

頭を抱える

生活保護申請の後に審査や調査にクリアしたならば、その際に決定した種類の生活保護の援助により、受給前よりも生活は楽になり、安定する見込みはあります。しかし、贅沢をしていいということではありません。出費は最低限に抑えて、生活保護の援助内で生活していけるように努力する必要があります。生活保護申請時の生活状況にもよりますが、自動車を所有が許されたり、住宅ローンの継続して支払ったりなども許される中で、生活保護申請後の生活状態によっては、管轄の社会福祉事務所から指導を受けるケースがあります。その際は、速やかに従う必要があります。さまざまな指導内容がありますが、生活保護制度の趣旨を見失わなければ、国が定めたルール内で生活していけるはずです。失業などで一時的に生活困難に陥った場合でも、生活保護を受けながら社会復帰への努力も必要です。病気や障害が重度であれば、無理に復帰を試みる必要はありませんが、働ける状態になったのであれば、今後、安心して暮らせるように経済状態を立て直すためにも前向きに取り組むべきです。まさに、生活保護制度には、国から援助を受けることで最低限の生活を確保すると同時に、前向きに生活を立て直せるようにサポートする役割もあるのです。

生活保護申請はどうすればよい?

事情でお金がなく、生活に困っている人は、「生活保護制度」に頼ることができます。役所の世話になりたくない、自力でどうにかしたいとお思いの方も、生活保護を受けるのは国民の権利ですので、検討してみてください。
ただし、生活保護は誰もが恩恵を預かることのできる制度ではありません。次の条件を満たした人が受けることができます。

①活用できる資産がない
②活用できる能力がない
③他の制度を活用できない
④扶養義務者の扶養を受けられない

生活資金に変えられる不動産や預金がある人、労働可能で生活最低限の賃金を得られる人、年金や手当など他の制度の恩恵を得られる人、親族などから援助を得られる人は対象外となります。上記の条件を満たしたうえで生活保護申請をしましょう。

生活保護申請の方法ですが、まずはお住まいの地域を所管する福祉事務所の生活保護担当へ相談しに行きます。制度について説明を受け、申請書類を提出します。申請後、福祉事務所から生活保護の受給資格があるかどうかの調査が行われ、生活保護を受給する資格があるかどうかを判断されます。調査の結果、生活保護の支給に問題がなかった場合、受給が決定します。原則、申請から14日(最長30日)までに決定され、保護開始決定通知書を受け取って生活保護申請が完了します。

生活保護申請ができる条件

生活保護制度とは、収入が足りず生活に困窮している人に対して、最低限生活に必要な費用を給付する制度です。生活保護制度を受けるためにはいくつかの条件があり、誰でも受けられるというわけではありません。ここでは、生活保護申請ができる条件について確認していきます。
生活保護申請をおこなうには、大きく分けて4つの要件を満たしている必要があります。
1つ目は、資産を持っていないことです。収入がなくても貯金があったり、生活するうえで使用していない土地や不動産を持っている場合は、資産を持っていると見なされ、生活保護申請をおこなうことはできません。
2つ目は、何らかの理由で十分に働くことができないことです。働くことができるのに働いていないと見なされた場合は、働いて収入を増やすことを求められます。
3つ目は、生活保護以外の制度で十分な給付を受けられないことです。年金やその他の制度を利用して給付を受けられる場合、まずは生活保護以外の制度を利用することを求められます。それでも足りない場合に生活保護申請をおこなうことができます。
4つ目は、家族や親戚から援助を受けられないことです。金銭面の援助を受けられる場合や扶養に入れる場合は、生活保護申請をおこなうことはできません。

最新記事

このページのトップへ